cvs
Tagged:  •    •  
はじめに

ASCADEでは以前から成果物の量を取得して査定のデータに使用したりしています。
基本的に全ての成果物はプロジェクトごとのリポジトリで管理されているので、データの収集もスクリプトを用いて収集します。誰がある期間内にどの程度の成果物を作成したかは基本的には自動でわかるわけです。
ただ、数値を取得すること自体は簡単なのですが、数値の羅列がたくさんあっても、「状況」はわかりにくくて、可視化したいと思いつつ放置していました。

Syndicate content