BOSBook
Tagged:  •    •  

今回は "7. File names and pattern matching" を読みます。

7.1 Simple file naming

Mercurial に対するディレクトリ指定は、 当該ディレクトリ配下全てを指定したことと同意となります。

7.2 Running commands without any file names

Mercurial にファイル名等の引数を指定しないで実行した場合、 多くのコマンドが作業領域ディレクトリ全体に対して作用します。

Tagged:  •    •  

今回は "6. Collaborating with other people" を読みます。

6.1 Mercurial’s web interface

Mercurial には、 web 経由でのアクセスを提供するための、 スタンドアロン動作可能なサーバ機能が組み込まれています。

hg serve コマンドで簡単に起動できますから、 ちょっと触ってみるためだけに、 延々とウェブサーバの設定に付き合わされる心配はありません。

Tagged:  •    •  

今回は "4. Behind the scenes" を読みます。

この章で述べられていることは、 Mercurial の設計方針といった事柄ですので、 構成管理を行う上では必ずしも必要の無い話ですが:

  • 内情を知ることで Mercurial への理解が深まる
  • 構成管理ツール選択の際の判断材料
  • 自分で他のプログラムを設計する際の参考

といったメリットがあります。

Tagged:  •    •  

今回は "5. Mercurial in daily use" を読みます。

ここまでの各章では、 Mercurial のコマンド・コンセプトに関する詳細の説明でしたが、 この章では日々の利用における概観の説明に主眼を置きつつ、 これまでの説明で漏れていた話題について触れています。

5.1 Telling Mercurial which files to track

構成管理下に無いファイルに対しては hg status が '?' を表示するので、 hg addhg commit で構成管理対象への追加を行いましょう、 という話。

Tagged:  •    •  

今回は "3. A tour of Mercurial: merging work" を読みます。

3.1 Merging streams of work

普段 CVS のような中央集約的な構成管理ツールを使用していると、 「マージが基本的な作業の一つ」と聞いて、 「ブランチのマージ」のような作業を想像して、 面倒な気がするかもしれません。

しかし、 実は「マージが基本的な作業の一つ」であるのは、 何も分散リポジトリ形式の構成管理ツールの専売特許ではないのです。

Tagged:  •    •  

今回は "14. Adding functionality with extensions" を読みます。

(we'll) briefly touch on some of the machinery you'll need to know about if you want to write an extension of your own (自分でイクステンションを実装する際に必要と思われる仕組みについて、 簡単に触れようと思います)

という前置きで始まる本章ですが、 残念ながら現状(2007/11)では、 この章のメインは「How to write extension」ではなく 「Adding functionality」です。 "this book is a work in progress " ですから、 今後の充実に期待です。

Syndicate content