こちらは株式会社アスケイドでの社内における技術情報等を外部向けに抜粋して情報発信するサイトです。

株式会社アスケイドではソフトウェアエンジニアを募集しております! 詳細はこちらのCareer Files をご覧下さい。

Web Site:http://www.ascade.co.jp/

Tagged:

最近、プロジェクトで開発環境を VMWare Server 上に構築して利用しています。 一旦イメージを作成すれば面倒なツール・ライブラリ群のインストールを行う必要がなく、 開発環境構築コストが激減しました。

有効利用しているのですが、困った問題が発生しました。 それは社内のセキュリティ上 Windows Update を自動にしてあり、場合によっては自動で再起動されてしまうため、 こつこつ育ててきた screen 上の emacs のバッファが水の泡に(泣)。

もう仕事はしたくない。。。
Tagged:  •    •  

私が、関与するプロジェクトのソフトウェア構成管理(SCM)を片っ端から Mercurial 化していることもあり、 弊社は比較的「Mercurial 度」が高いと思われますが、 利用ユーザ数の点でメジャーな CVS や Subversion に比べて日本語による情報が圧倒的に少ないため、 現時点では Mercurial の導入/利用は障壁が高いのも確かです。

一応、チュートリアルをはじめとする幾つかのページが既に日本語化されていますが、 網羅性や詳細度の点で今ひとつの感が拭えません。

とりあえず「自分の出来る範囲からの貢献」ということで、 暫く前に公開された "Distributed revision control with Mercurial" の翻訳を始めてみました。

ここでは、 翻訳過程における考察/感想等を翻訳作業と平行して書いてみようと思います。 読み込みや理解の不足に基づく誤記等に関しては、 ご容赦ならびにご指摘頂ければ幸いです。

アスケイドではセキュリティの観点からディスクの暗号化を規定していて、幾つかのソフトを評価したりもした。その結果、推奨ソフトを複数選んで、利用者が選択できるようにしている。その中の一つが TrueCrypt なのだけど、使用感は上々で、普通に使っている感じでは特別遅くなったような気もしない。実際、その性能はどんなもんなのかと思って測ってみた。

Tagged:  •  

折角 ssh-agent との連携を強化しても、 専用のターミナルソフト(PuTTY UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2Poderosa(旧 VaraTerm)等)は ssh-agent と連携できないどころか、 ssh 設定(~/.ssh/config)の共有すらできません。

しかし rxvt は日本語化パッチが必要ですし、 日本語ダメ/編集機能ダメな Cygwin コンソールは論外でしょう。

おまけに、 近年は telnetd が導入されていないサーバも多く、 ssh ポートフォワード + ターミナルソフトという選択肢も余命わずか、 といったところです。

Tagged:

sshd_config の Match 指定を使うことで、いくつかの設定を選択的に上書きすることが可能になっています。

OpenSSH 4.6 以降では PasswordAuthentication に適用することができたので、接続元ネットワークにより認証方式を切り替える動作を試してみました。

Tagged:

CentOSEncFSを導入し、Linux上で暗号化ファイルシステム環境をお手軽に構築する方法をまとめてみました。

Windows 環境ならば TrueCrypt が断然便利で強力な暗号化ツールだと思いますが、EncFSは、あらかじめファイルシステムのサイズを決めておく必要がないという点では管理が楽です。

Syndicate content